東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第14回日本赤十字看護学会学術集会  

第14回日本赤十字看護学会学術集会にて、本会の取り組みをご報告させていただきます。

平成25年6月22日(土)・23日(日)
会場:日本赤十字秋田看護大学
学術集会テーマ:これからの災害看護-東日本大震災と赤十字救護活動-
http://www.akita-nurs14th.jp/

スポンサーサイト

Posted on 2013/06/11 Tue. 22:57 [edit]

category: ◆ 日記

tb: 0   cm: 0

第6回 東日本大震災を〈考える〉ナースの会を延期しました!  

地震の影響で12月7日に予定していたナースの会を延期しました。
ちょうど、会でとりあげるために読み込んでいた双葉病院の事例が、本日NHKスペシャルで放送されるようです。前回のナースの会で取り上げた南相馬市立病院の出来事にしろ、この度の双葉病院の報道にしろ、医療専門職として考えていかなければならないテーマは結局同じところにいきつく気がします。

ナースの会の開催日が決まりましたら本HPにアップいたします。
ぜひ、ご参加ください。

■NHKスペシャル シリーズ 東日本大震災 
 救えなかった命~双葉病院 50人の死~
 放送日時:2012年12月8日(土)、午後9時00分~9時49分


Posted on 2012/12/08 Sat. 11:38 [edit]

category: ◆ 日記

tb: 0   cm: 0

「南相馬 大町病院~原発事故と闘う看護師たち」  

■ 放送日:2012年3月23日(金)19:30~20:00 NHKクローズアップ東北
   「南相馬 大町病院~原発事故と闘う看護師たち」

 福島第一原発から25キロのところにある大町病院。放射能の影響により病院を去る看護師が後を絶たず、いまだ看護師不足が続いている。
 VTRでは、職場に留まった看護師、去った看護師双方のインタビューが掲載されているが、いずれの話も十分理解できるものだった。途中、職場を離れたスタッフ1人ひとりに戻って来てほしいと声をかけつつも、時にはそんな自分を責め、涙を流す看護部長の姿にぐっときてしまった。
 看護師がいないと地域医療が守れないのは理解できる。
 しかし、もはや彼女1人の力でなんとかできる範囲を超えている気がするし、すべきではないと思う。

Posted on 2012/03/24 Sat. 14:31 [edit]

category: ◆ 日記

tb: 0   cm: 0

震災を〈考える〉ための本(その1)  

震災関連の本で、医療分野のものはたいてい目を通したが、中でも一番考えさせられたのが本書。
支援=善いことばかりではない。今回のような大規模災害における医療支援活動は、むしろ傷つくことの方が多かったのではないだろうか。

■ 太田圭祐著 : 『南相馬10日間の救命医療―津波・原発災害と闘った医師の記録』

医療職は、これまで当然のものとして口にしてきた「患者のために」という言葉が、いざという時どこまで通用するのか〈考えて〉おく必要があると思う。
いずれ、本会でも「職業倫理」の問題として取り上げます。

震災を〈考える〉ための本(その1)

Posted on 2012/03/19 Mon. 19:11 [edit]

category: ◆ 日記

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。