東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本災害看護学会第17回年次大会において、てつがくカフェを開催しました!  

■2015年8月9日、仙台国際センターにおいて開催された、日本災害看護学会第17回年次大会において、ワークショップ「てつがくカフェ」を〈震災と専門職〉を開催しました。学会という場で「てつがくカフェ」を開催するのは初めての試みでしたので、いつもと同じように対話がすすむのか緊張しておりましたが、いざ対話が始まると、参加者の皆さんの震災に対する様々な思いが次々と語られ、気が付くとあっという間に終了時間が来てしまった、そんな会になりました。

ある看護師さんは、学会会場までの移動中、タクシーの運転手さんに、被災地では自ら命を絶つ人も多く「いったいどこまで看護できるの?」と言われ、〈看護〉のもつ社会的イメージや自らが考える〈看護〉という仕事の範疇について考えたと言います。
また、避難区域に隣接する病院で働く看護師さんは、震災直後、家族に「生きていれば逢える」と告げ、病院にとどまったことに対し、自らが下したその「選択」が果たして正しかったのか今でも問い直すし、またそのような悩みを抱えた仲間へのフォローが出来ていないのではないかと声を震わせながら話して下さいました。

そして、看護の専門性を語る上で、看護という職業に纏わる社会からのイメージや期待と、自らが課している看護の役割を分けて考える必要があるのではないか、また、看護の機能として、ただ「傍にいる」だけでよいのか、「○○したい」という意志や欲求が重要なのか、単に行為するのではなく「考えた上での行為」が重要なのかという話にも発展しました。

今回の対話は、ここがまさに被災地であることを実感させられる、そんな内容になりました。

震災後、看護は災害看護のスペシャリストを養成する方向で動いています。
しかし、真のスペシャリストとは高度な知識や技術を身につけただけの人ではありません。
太田圭祐先生のお話にもあったように、専門職としての弱さや限界を経験することもあります。
自らの専門性について他者とともに徹底的に考え、説明できる強さを身につけること。こうした逞しさが、今後、必要なのではないでしょうか。


スポンサーサイト

Posted on 2015/08/12 Wed. 15:21 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 0

医学書院Webマガジン―かんかん! 第3話がupされました!  

震災と専門職について語り合うてつがくカフェの第3回目のレポート「専門性を〈ほどく〉」がupされました!ご一読ください。
http://igs-kankan.com/article/2015/04/000967/

Posted on 2015/04/21 Tue. 18:34 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 0

「震災と専門職」終了しました!  

  日本赤十字看護大学にて「震災と専門職」が開催されました。当日は、関東のみならず、東北や近畿、関西エリアからなど遠くから沢山の方にご参加いただきました。
  第一部は、3.11当時、南相馬市立病院にて救命医療に携わった太田圭祐医師のお話を伺いました。原発災害下において、病院側より〈自主避難〉の指示が出された時の職員の様子や、自衛隊による患者搬送の様子など、太田先生の当時の心境も踏まえながらのお話は、言葉にならないほどの衝撃を受けました(怒りを覚えるほどの衝撃を受けた方もいらっしゃいました)。
  そして、第Ⅱ部は、カフェラウンジに移動し、第一部で投げかけられた〈専門職の役割〉について、てつがくカフェを行いました。対話の中では、〈看護師〉と〈私〉の役割に関する話が中心になることが多く、使命感、責務、行動規範、個人/家族/社会といったキーワードを掲げていきました。なかなか難しい〈問い〉でしたが、みなさん、自分自身の〈ことば〉で、ゆっくり、ゆっくりと語られる姿が印象的でした(普段、専門用語に慣れている私たち〈医療者〉にとって、〈遡行的〉に考えるという経験は、苦しい作業だったかもしれませんね?)。そして、最後に「〈専門職〉としての役割は〈個人〉より重いか?」という問いに絞り込んだところで会は終了しました。
 太田先生の〈経験〉から語られた〈問い〉は、今後も、じっくり、丁寧に考えていく必要があるでしょう。今回の続きは、11月を予定しております。詳細が決まりましたら本ブログ上にてお知らせいたします。引き続き、ご参加下さい!お待ちしております!
震災と専門職(日赤)

Posted on 2014/07/25 Fri. 20:09 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 0

てつがくカフェ―震災と看護2―看護にとっての〈使命感〉とは?  

てつがくカフェ@せんだいさんとの共催で、てつがくカフェ「震災と看護2」を京都市内の訪問看護ステーションにて開催しました。京都での開催は、今回で2回目となります。今回は、前回の対話の内容を紹介した上で、〈使命感〉というキーワードについて感じたこと、考えたことを自由に話し合うところからスタートしました。
  患者さんの命に関与したり、身体に触れることが可能な〈資格〉であることが〈使命感〉につながっているのではないかという意見がある一方、職種にかかわらず、人間は何らかの役割を担う存在であることから、困っている人がいれば助けにいくという〈欲求〉に突き動かされるのではないかという意見もありました。ここから〈看護師〉という資格をもって支援に行くのと、〈ボランティア〉として支援に行くのでは、どう違うのかという問いも出されました。他にも、cureとcareの違いから、看護にとっての使命感というものが存在するのか、〈使命感〉は熟練するにつれて育っていくことから〈時間(や能力)〉と関係しているのではないだろうかといった意見も出だされました。また、多くの方が〈使命感〉を〈社会〉から与えられたイメージとして捉えており〈責務/職務〉という言葉であればしっくりくると仰っていました。
  最後に、「誰が(ナースが/私が)看護するのか」「看護にとっての使命感とは思い込みなのか」「使命感のない看護は可能か」といった問いをいくつか挙げ、〈使命感〉という言葉が示す意味について、じっくりじっくり考えていきました。
  次回は、今回の対話で浮上してきた、〈看護〉に纏わりつく〈イメージ〉について考えてみたいと思います。ご参加いただいた皆様、運営にご協力いただいた、ねこのて訪問看護ステーションの皆様、ありがとうございました。また引き続きよろしくお願い致します!

てつがくカフェ看護にとっての使命感とは

Posted on 2014/05/20 Tue. 19:19 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 0

「震災と看護」終了しました!  

てつがくカフェ@せんだいさんとの共催で、てつがくカフェ「震災と看護」を京都市内の訪問看護ステーションにて開催しました。関西方面での開催は今回が初めてとなります。当日は、看護師さんをはじめ、哲学を専門にしておられる方など総勢20名の方にご参加いただきました。中には、関東方面からお越し下さった方もいらっしゃいました。
 まずはじめに、京都から南相馬市へ支援に入られた看護師さんより、当日の経験についてお話をうかがいました。震災について〈知らない〉自分が支援に行ってもいいのか悩んだり、実際はたこ焼きを焼いて現場のスタッフを笑わすことしかできず(そうすることでしかその場に居られなかった)、自分は〈看護師〉じゃなかったというお話がありました。このお話を受けて、感想や当時考えていたことなどを自由に出し合いました。
 支援に行きたいけど行ってもいいのかといった〈当事者〉性について悩んだり、看護師として出来る/出来ないという切り口から、〈私〉と〈看護師〉の関係はどのようになっているのか、そもそも〈支援〉とは何なのか考えたり、支援する人/される人と分かれてしまうことによる問題などが噴出しました。
 そして、「支援って一体何なんやろう」「誰のための支援か」「ナースではない私は私なのか」「看護にとっての使命感とは」といった〈問い〉を沢山挙げたところで今回の会は終了となりました。このように、悶々とした気持ちを抱えながら終了するところが「てつがくカフェ」の面白さでもあります。次回は、この〈使命感〉というキーワードを受けてテーマを設定し開催する予定です。ご参加いただいた皆様、運営にご協力いただいた、ねこのて訪問看護ステーションの皆様、ありがとうございました。また引き続きよろしくお願い致します!


Posted on 2014/03/18 Tue. 11:47 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。