東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第1回目の東日本大震災を〈考える〉ナースの会が終了しました!  

■ 第1回目の〈考える〉会は、8名のナースの方にお集まりいただきました。
仙台市内のみならず塩釜、気仙沼、大島など遠方からもご参加いただきました。本当にありがとうございました。

第1回目ということで自由にご発言いただきましたが、ボランティアとして初めて入った地域でケアを展開する難しさ、限られた人員で支援活動を担う困難、被災者のニーズが変化していく中で今後〈看護〉が出来ることとは何なのか、支援に携われなかったことへの役割不全感など、様々な思いが語られました。

お1人おひとりがそれぞれの持ち場で奮闘しているものの、看護職同士のつながりが希薄だったり、ネットワークが限られているため不全感を抱いている様子がうかがえました。

出身地も組織も全く異なる看護職個人が〈震災〉という出来事によって新たに出会い、〈看護〉についてじっくり考える場となるよう、今後も継続していきたいと考えております。次回もぜひご参加ください!

第1回東日本大震災を考えるナースの会
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/30 Mon. 11:46 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 1

キャンナスの本が出版されます!  

■ ボランティアナースが綴る ドキュメント 東日本大震災
  全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス編/2012.1.31発売予定

東日本大震災における〈キャンナス〉の活動を綴った本が出版されます。
被災地に入ったナースたちは何を見て、何を感じ、どう動いたのか?
本会の発起人の1人でもある、鳴海幸ナースの活動報告も掲載予定です!
ぜひ、手に取ってご覧ください。


キャンナス本

Posted on 2012/01/27 Fri. 17:16 [edit]

category: ◆ もんもん読書会のお知らせ

tb: 0   cm: 0

東日本大震災後のケアと死生学  

被災者のケア/ケア従事者のケアについてお話させていただくことになりました。

〈東日本大震災後のケアと死生学〉
■ 日時:2012年1月28日(土)10:30~
■ 場所:東京大学本郷キャンパス
■ 主催:東京大学大学院人文社会系研究科 グローバルCOE「死生学の展開と組織化」

チラシ

Posted on 2012/01/27 Fri. 09:13 [edit]

category: ◆ イベントのお知らせ

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。