東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

京都にて、震災と看護3を開催します!  

■てつがくカフェ―震災と看護3―看護のイメージ? (終了しました!)

日時:2014年8月23日(土)14:00~16:00
場所:チロコロ京都 http://circolokyoto.jimdo.com/ ※これまでと場所が異なります!
(京都市中京区南車屋町282 ※木屋町 立誠小学校の北側の一本北の通り)
テーマ:看護のイメージ?
ファシリテーター:西村高宏氏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子
参加費:各自ドリンク代
定員:20名
申込・お問合せ:konda*tfu-mail.tfu.ac.jp(担当:近田)
お名前を明記の上、上記アドレスへお申込みください(その際*を@に変更してください)。

※本企画は、平成26年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)「被災地における『哲学的対話実践』の理論的基礎付けと展開」の助成を受けて実施いたします。
------------------------------------------------------
2014年春、ねこのて訪問看護ステーションにおいて〈てつがくカフェ〉という方式で〈震災と看護〉について考える対話の場を設けました。今回は、前回の対話から導き出された〈看護〉の〈イメージ〉について、参加者の皆さんと一緒に考えてみたいと思います。今回が初めてという方や学生さんの参加も歓迎します。ナースの方はもちろん、ナース以外の方でも本テーマに関心のある方はぜひご参加ください!
-----------------------------------------------------
〈てつがくカフェ〉とは、フラットな対人関係のもと、わたしたちが通常当たり前だと思っていることからいったん身を引き離し「そもそもそれって何なのか」といった遡行的な問いを通じて、自分自身の考えを逞しくする哲学的対話の試みのことです。難しい知識はいっさい要りません。他の参加者との「対話」を通じて〈考える〉ことの難しさと楽しさを味わいに来てください!
------------------------------------------------------
会場アクセス:河原町通りからお越しの際は、「世界の山ちゃん」を東へ、木屋町通りからお越しの際は、交番を西へ。お好み焼き「ぼてじゅう」の斜め前のレンガ造りのビルの4階です。
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/23 Mon. 19:17 [edit]

category: ◆ 〈考える〉会開催予告

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。