東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

仙台で、「震災とケア」をテーマに、てつがくカフェを開催します!  

■お知らせ:第37回「考えるテーブル てつがくカフェ」開催決定!■

テーマ:震災とケア
日時:2014年9月6日(土曜日) 15:00~17:30
場所:せんだいメディアテーク 7f スタジオa
対象:どなたでもご参加いただけます。
話題提供:太田圭祐氏(名古屋大学医学部附属病院)
ファシリテータ:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)
事前申込み:不要(直接会場にお越しください)
申込・お問合せ:konda*tfu-mail.tfu.ac.jp(担当:近田)
(その際、*を@に変更してください)
主催:てつがくカフェ@せんだい http://tetsugaku.masa-mune.jp/
    せんだいメディアテーク http://table.smt.jp/?p=10749
共催:科研「被災地における『哲学的対話実践』の理論的基礎付けと展開」
助成:財団法人 地域創造

◇震災のなかから〈ケア〉を問い直す◇

 この度の震災は、医師や看護師、消防士といった職務として〈支援者〉の役割を担う方々に対して、沢山の〈問い〉が投げかけられました。
 例えば、自らも被災しながら支援者としての役割を遂行する中で、〈被災者〉とは一体誰のことを指すのか悩んだ人、職務と家族のどちらを優先するのかというジレンマに立たされ 、専門職の〈責務〉とは何なのか悩んだ人、〈支援〉に携わったか否かにかかわらず〈無力感〉を募らせ、〈支援〉するとはどういうことか、 〈ケア〉の範疇とは何なのか考えた人など様々です。 中でも、福島第一原発の事故は、専門職がこれまであたりまえのものとして口にしてきた「患者のために」という言葉が、原発災害という非常事態下においてどこまで通用するのか、まさに専門職としての存在そのものについて問い直しを迫られた出来事といえるでしょう。
 こうした問題への関心から、「てつがくカフェ@せんだい」では、これまでに「〈支援〉とは何か」「被災者の痛みをどこまで理解することが可能か」「切実な〈公〉と〈私〉どちらを選ぶべきか?」、「震災と美徳」といったテーマを掲げ、〈支援〉というキーワードの背景に潜む問題をあぶり出し、専門用語ではなく自分たちの〈ことば〉で考える対話の場を開いてきました。 今回は、東日本大震災当時、地震と津波、原発事故という複合災害の下、南相馬市立総合病院にて救命医療に携わった太田圭祐医師のご経験についてお話をうかがった上で、「震災とケア」をテーマに、参加者のみなさんと一緒に、考えてみたいと思います。   文責  近田真美子(てつがくカフェ@せんだい)


スポンサーサイト

Posted on 2014/08/25 Mon. 10:51 [edit]

category: ◆ イベントのお知らせ

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。