東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第2回 「哲学的対話実践の社会的接続の可能性?」を開催します  

現在、全国各地で哲学的な対話実践が試みられていますが、その多くは、考えることの楽しさや難しさといった思考を深化させる営みに焦点があたっているように思われます。

もちろん、〈哲学〉である以上、こうした営みは重要な要素ですが、そもそも、哲学的対話実践という場そのものが、今、社会で起こっている様々な課題に対してどのように対応しうるのか、その可能性や哲学的対話実践そのものの〈態度〉を問うべく科研費による研究会を企画しました。

 第2回となる今回は、原子力の問題など、社会的なコンフリクトがある科学技術の問題について、意見や利害の異なる者同士が対話・恊働する場づくりを実践してこられた八木絵香氏と、特定の問題について異なる利害や立場の関係者たちが対話する〈対話コンポーネンツ〉の実践を積んでこられた堀江剛氏お2人をお招きし、お話を伺います。
 事前申し込みは不要です。関心のある方は、ぜひご参加下さい。お待ちしております。


===================

第2回「哲学対話実践の社会接続の可能性?」
(科研「被災地における『哲学的対話実践』の理論的基礎付けと展開」)

【日時】 6月11日(土曜日) 13:50~18:30 (開場は13:30)
【場所】 大阪大学豊中キャンパス
全学教育推進機構 総合棟Ⅰ スチューデントコモンズ セミナー室A
http://www.celas.osaka-u.ac.jp/s_c/room#roomA
事前予約不要・入退場自由

13:30 開場
13:50 趣旨説明 西村高宏(福井大学医学部・准教授)
           近田真美子(東北福祉大学・講師)
14:00-15:00 八木絵香(大阪大学CSCD・准教授)
        「『対話』を社会的意思決定につなげることは可能なのか 」
15:00-15:30 コメント 中岡成文(元大阪大学大学院文学研究科・教授)
15:30-15:45 休憩
15:45-16:45 堀江剛(大阪大学大学院文学研究科・教授)
         「組織における『対話』の位置づけ 」
16:45-17:15 服部俊子(大阪市立大学大学院看護学研究科・准教授)
17:15-17:30 休憩
17:30-18:30 全体討論

【共催】
◆科研費「被災地における『哲学的対話実践』の理論的基礎付けと展開」
◆公共圏における科学技術・教育研究拠点(STiPS)

問い合わせ:konda@tfu-mail.tfu.ac.jp(コンダ)
==============================
第2回 チラシ画像(社会的接続)
スポンサーサイト

Posted on 2016/06/07 Tue. 16:34 [edit]

category: ◆ イベントのお知らせ

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。