東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本災害看護学会第18回年次大会において、てつがくカフェを開催します!  

8月23日~24日と久留米で開催される日本災害看護学会第18回年次大会でてつがくカフェを開催します。

ワークショップⅢ てつがくカフェ 熊本地震から考える「被災者に寄り添う支援とは」
企画担当:近田 真美子 氏(東北福祉大学 健康科学部)
日程:2016年8月26日(金)13:20~14:50会場:第7会場(小会議室)
定員:30名 申込先:konda@tfu-mail.tfu.ac.jp
申込受付期間:2016年7月24日(日)~8月24日(火)17時
※上記期間で一度打ち切り、定員に達していない場合は、8月26日(金)8時30分より整理券を配布予定です。

日本災害看護学会第18回年次大会HP(http://www.nksnet.co.jp/jsdn18/ws.html)より抜粋。

********************************

てつがくカフェ 熊本地震から考える「被災者に寄り添う支援とは」

 2016年4月14日以降、熊本や大分で震度7を観測する地震が続発しました。
かつて経験したことの無い断続的な揺れや長びく避難生活は人々を不安にさせました。そして、大勢の人が被災者のために何か力になりたいと、被災地へ赴き医療支援活動に従事したり、義援金や救援物資を届けるなど様々な形での支援が展開されていきました。
 しかし、一方で新聞やSNS上では「被災者に寄り添っていないのではないか」「配慮に欠けるのではないか」といった支援する側の自粛を求めようとする言説が飛び交ったのも事実です。こうした発言は、被災者の置かれた状況を鑑み配慮すべきであるという意図が見え隠れしますが、果たして、本当に被災者に寄り添っていると言えるのでしょうか。
 災害看護に従事する私たち専門職も、「被災者に寄り添う支援」が重要であるとの認識はありますが、そもそも「寄り添う」とはどういう事態を指すのでしょう。被災者に「共感」したり「配慮」するといった情緒的な事柄を指すのでしょうか。また、一般市民が寄り添うのと、看護専門職が寄り添うのとでは、その意味内容は異なってくるのでしょうか。さらに、この場合の「被災者」とは誰のことを指すのか、考え出すと、相当、厄介な問いであることに気づくでしょう。
 そこで、今回は、震災という出来事によって生じた〈問い〉を遡行的に問い直す「てつがくカフェ」という対話手法を用いて、参加者の皆さんとともに「被災者に寄り添う支援とは」をテーマに考えたいと思います。ワークショプの目的は、①テーマに対して自分自身の考えを逞しくすることと、②看護領域におけるてつがくカフェの可能性を拓くことの2点です。

◆当日のスケジュール
1.震災支援におけるてつがくカフェ導入の経緯
2.てつがくカフェとは何か
3.てつがくカフェ:テーマ「被災者に寄り添う支援とは」
********************************
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/27 Wed. 17:38 [edit]

category: ◆ 〈考える〉会開催予告

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nurse311.blog.fc2.com/tb.php/60-b1025e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。