東日本大震災を〈考える〉ナースの会

震災について〈考える〉場をつくりました。 仙台で/仙台から、始めます。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本災害看護学会第17回年次大会において、てつがくカフェを開催します!  

■ 日本災害看護学会第17回年次大会 ■

2015年8月9日(日)
ワークショップⅦ 13時10分~14時40分(予定)
「てつがくカフェ―震災と専門職を問い直す」

(学会プログラム)http://www.sasaki-web.info/17jsdn/program.html

皆様のご参加をお待ちしております!

Posted on 2015/06/11 Thu. 16:43 [edit]

category: ◆ 〈考える〉会開催予告

tb: 0   cm: 0

医学書院Webマガジン―かんかん! 第3話がupされました!  

震災と専門職について語り合うてつがくカフェの第3回目のレポート「専門性を〈ほどく〉」がupされました!ご一読ください。
http://igs-kankan.com/article/2015/04/000967/

Posted on 2015/04/21 Tue. 18:34 [edit]

category: ◆ これまでの活動

tb: 0   cm: 0

震災と専門職3 を開催します!  

■11月8日に日本赤十字看護大学で開催されました「震災と専門職」の第3回目を以下の要領で開催します。

前回は「専門職としての役割は個人より重いか?」をテーマに対話をすすめ、最終的に、看護の専門性とは何かという話しになりました。そして、看護の専門性を「他者の健康と生活をまもるために、相手の状況に応じて応答しようとする(応答できる)もの」と定義したところで終了しました。
さて、この定義、本当に“看護”の”専門性”を言い当てているのでしょうか?
今回のてつがくカフェは、前回の問いを踏まえ、看護の専門性についてじっくり考えます!

日時:2015年3月21日(土)15時~17時
場所:日本赤十字看護大学 広尾キャンパス 3階 ラウンジコーナー

テーマ:看護の専門性とは?

ファシリテーター:西村高宏(てつがくカフェ@せんだい)
ファシリテーション・グラフィック:近田真美子(東日本大震災を〈考える〉ナースの会)

定員:20名
申込・お問合せ:konda*tfu-mail.tfu.ac.jp(担当:近田)
お名前を明記の上、上記アドレスへお申込みください。 (その際*を@に変更してください)。当日の急なお申込みにも対応いたします。本テーマに関心のある方であれば、どなたでもご参加いただけます!今回が初めてという方でも大丈夫です。

共催:科研費(挑戦的萌芽)「被災地における『哲学的対話実践』の理論的基礎付けと展開」、東日本大震災を〈考える〉ナースの会、てつがくカフェ@せんだい


Posted on 2015/02/05 Thu. 14:46 [edit]

category: ◆ 〈考える〉会開催予告

tb: 0   cm: 0

医学書院Webマガジン―かんかん! 第2話がupされました  

震災と専門職について語り合うてつがくカフェの第2回目のレポート「対話のチカラ」がupされました!
ご一読ください。

医学書院かんかん 「対話のチカラ」 http://igs-kankan.com/article/2015/01/000936/

Posted on 2015/01/18 Sun. 17:09 [edit]

category: ◆ イベントのお知らせ

tb: 0   cm: 0

医学書院Webマガジン―かんかん!での連載がスタートします!  

医学書院のWebマガジン―かんかん!での連載が始まりました!震災におけるてつがくカフェや本会の取り組みに関してご報告いたします。

医学書院Webマガジン かんかん http://igs-kankan.com/article/2014/12/000935/

Posted on 2014/12/17 Wed. 17:51 [edit]

category: ◆ イベントのお知らせ

tb: 0   cm: 0

管理人

カテゴリ

最新記事

CalendArchive

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。